資料請求

■AIを活用した外観検査 改善ソリューション

~『透明フィルム包装 破れ・異物検査』の課題解決~

□適用アプリケーション例:
-透明フィルム包装 破れ・異物の検出

□課題(要改善ポイント)
-過検出:
・印刷の上に存在する欠陥(破れ・異物)を安定検出することが容易ではない
・対象物の撮影位置ずれによる画像上での写り方の変化により良品の画像上での見た目が変化する

-システム価格:
・各検査面に対して正面から撮影を行う必要がある為、カメラ台数が多く必要となる
・対象物の撮影位置ずれを抑制する為に、高精度な搬送機器を導入する必要がありシステム価格が高騰してしまう

ex1

透明フィルム包装 画像例(良品)

ex1

透明フィルム包装 画像例(不良)

会社名
部署
役職
お名前(漢字)
お名前(ふりがな)
e-mail
電話番号
資料請求
AI活用 外観検査ソリューション(透明フィルム包装 破れ・異物検査)
資料請求のきっかけ



備考