OCR(光学文字認識)について徹底解説!

COLUMN(外観検査自動化)

OCRとは

OCR(Optical Character Recognition)は光学文字認識の略称であり、画像や文書から文字を自動的に認識し、テキストデータとして抽出する技術です。OCR技術は、手書きや印刷された文字を読み取ることができ、さまざまな分野で活用されています。

OCRの仕組み

OCRの仕組みは、画像処理とパターン認識の技術を組み合わせています。まず、画像から文字の部分を検出します。これには、エッジ検出や領域分割などの手法が用いられます。次に、検出された文字の形状や特徴を解析してテキストに変換します。文字の認識には、パターンマッチングが利用されます。また、OCRシステムは、文字の向きやフォント、サイズなどのバリエーションにも対応する必要があります。

OCRの処理手順

OCRの処理手順は次のようになります。

  1. 画像の取得:対象となる文書や画像をスキャンまたは撮影して、デジタル画像として取得します。
  2. 前処理:画像処理技術を用いて、ノイズの除去や画像の補正を行います。
  3. 文字領域の検出:画像中から文字が含まれる領域を検出します。
  4. 文字認識:検出された文字領域から文字を認識し、テキストデータとして抽出します。
  5. テキストの後処理:認識されたテキストに対して、不要な文字の除去や誤りの修正などの後処理を行います。

OCRが注目される背景

近年、デジタル化が急速に進展し、企業や個人の間で大量の文書や画像が生成されるようになりました。クラウドサービスやモバイルテクノロジーの普及により、情報のアクセスが容易になり、さまざまな形式のデータが生成されます。
このような状況下で、情報を効率的に処理し、活用するニーズがますます高まっています。特に、大規模な文書や画像データを手動で処理するのは非効率的で時間がかかります。そのため、自動化されたソリューションが求められています。ここでOCR技術が注目されます。

このように、デジタル化が進む中で、情報処理の効率化と活用がますます重要になっています。OCR技術は、そのようなニーズに応えるための重要なツールとして、様々な場面で注目されています。

OCR導入のメリット

ペーパーレス化の推進

OCR技術を活用することで、紙ベースの文書をデジタルデータに変換し、ペーパーレス化を推進することができます。従来の紙文書は保管や管理が煩雑であり、スペースを取りますが、OCRによってデジタル化された文書はコンピューターシステム上で容易に管理できます。これにより、文書の保管スペースの節約や文書の検索、共有が容易になります。また、デジタル文書はリモートアクセスが可能であり、遠隔地からでもアクセスできるため、業務の柔軟性が向上します。

業務効率の改善

OCR技術によって、手作業での文字入力作業を大幅に削減することができます。従来は大量の文書や画像から情報を手作業で入力する必要がありましたが、OCRによって自動的に文字を認識し、テキストデータとして抽出できるため、作業時間を大幅に短縮することができます。これにより、業務の効率が向上し、作業者の負担も軽減されます。また、作業の精度も向上するため、人的ミスを減らすことができます。

情報の検索性向上

OCRによってテキスト化されたデータは、検索可能な形式となります。従来の画像や紙文書では、特定の情報を探す際には目次や索引を参照する必要がありましたが、OCRによってテキスト化されたデータはキーワード検索が可能となります。これにより、特定の情報を素早く見つけることができ、業務の効率化に大きく貢献します。例えば、契約書や報告書などの文書から特定の項目を検索する際に役立ちます。

データ活用の促進

OCRによって抽出されたテキストデータは、さまざまな分析や処理に活用することができます。テキストデータは機械可読性が高く、データベースに取り込んで分析したり、他のアプリケーションと連携して処理したりすることが可能です。これにより、データの活用範囲が拡大し、新たなビジネス価値を創出することができます。例えば、顧客の嗜好分析や市場動向の把握などに活用できます。

OCRの活用例

手書き帳票のデジタルデータ化

手書きの帳票や書類をスキャンし、OCR技術を用いてテキストデータに変換することで、データのデジタル化を実現します。製造現場では、作業員が日々の作業内容や品質管理の記録を手書きで行うことがあります。これらの手書き記録をOCR技術を用いてデジタルデータに変換することで、作業履歴や品質管理のデータを効率的に管理することができます。例えば、製造工程の改善や不良品のトラッキングなどに活用できます。

製品名の読み取りを自動化

製造現場では、製品に貼られたラベルやバーコードから製品名やシリアル番号などの情報を読み取る必要があります。OCR技術を用いることで、これらの情報を自動的に抽出することができます。製造ライン上で製品が生産されるたびに、OCRシステムが製品情報を読み取り、データベースに記録することで、製品の追跡や在庫管理を効率化することができます。また、バーコードやQRコードを読み取ることで、製品の品質管理や製造プロセスの改善にも役立ちます。

経理・会計業務を効率化

購買や経費精算などの経理・会計業務も重要な役割を果たしています。OCR技術を用いて、請求書や領収書などの書類をスキャンし、テキストデータに変換することで、これらの業務を効率化することができます。例えば、仕入れ先から送られてくる請求書をOCR技術で読み取り、支払い処理や会計帳簿への入力を自動化することができます。これにより、経理・会計担当者の作業負担が軽減され、正確性と効率性が向上します。

OCR導入における注意点

OCR技術の導入には、いくつかの注意点があります。以下では、OCRを導入する際に留意すべきポイントについて詳しく説明します。

データの品質

OCRの精度は、元の画像の品質に大きく影響されます。画像の解像度や明るさなどが適切でない場合、OCRシステムが文字を正しく認識できない可能性があります。そのため、OCRを適用する前に、画像の品質を向上させるための工夫が必要です。例えば、スキャンや撮影時の解像度を高めたり、照明環境を調整したりすることが考えられます。また、画像の前処理技術を活用してノイズを除去したり、画像の歪みを補正したりすることも有効です。データの品質を向上させることで、OCRの精度を向上させることができます。

既存のシステムと連携できるか確認する

OCRシステムを導入する際には、既存のシステムとの連携が円滑に行えるかを確認することが重要です。企業や組織は、既存のデータベースや情報システムを活用して業務を行っています。OCRシステムを導入する場合、これらの既存システムとのデータのやり取りや連携が必要となることがあります。そのため、OCRシステムが既存のシステムと互換性があるかどうかを事前に確認することが重要です。また、必要に応じてAPIやデータ連携ツールを活用することで、異なるシステム間でのデータの受け渡しをスムーズに行うことができます。

サポート体制を確認する

OCRシステムの導入後も、適切なサポート体制が整っているかを確認することが重要です。OCRシステムは、画像処理などの高度な技術を用いて文字認識を行います。そのため、システムの運用中に障害が発生した場合や、新たな機能の導入を検討する場合には、専門的なサポートが必要となります。導入先の企業や組織は、適切なサポート体制が整っているOCRシステムを選択することで、安定した運用や効果的な活用を実現することができます。

OCRにおけるAI導入

近年、AI(人工知能)の進化が急速に進み、OCR技術においてもAIの導入が注目されています。以下では、AIを導入したOCR(AI OCR)について詳しく説明します。

I OCR と OCR の違い

AI OCRは、従来のOCR技術に人工知能(AI)を組み合わせたものです。従来のOCRは、画像処理やパターン認識に基づいて文字認識を行っていましたが、AI OCRでは、機械学習やディープラーニングなどのAI技術を活用することで、より高度な文字認識や自動修正が可能となります。AIは、大量のデータからパターンを学習し、その学習結果をもとに文字認識精度を向上させることができます。また、AIの学習能力により、OCRシステムが新しいフォントや書体、言語にも迅速に適応することが可能となります。

近年はAI OCRは従来のOCRに比べメリットが大きいことから、多くのOCRシステムにおいてAI OCRが用いられることが一般的になっています。

AI OCR のメリット

AI OCRは、従来のOCR技術よりも高い精度で文字を認識し、より多様なフォーマットや言語に対応することができます。AIの学習能力により、OCRシステムは継続的に学習し、精度を向上させることができます。また、AI OCRは、文字の書体やスタイルの違いにも柔軟に対応することができ、より幅広い範囲の文書や画像を処理することが可能です。これにより、正確性と柔軟性を兼ね備えたOCRソリューションを提供することができます。

AI OCR の注意点

AI OCRを導入する際には、学習データの品質や適切なモデルの選択など、AI技術特有の課題に対処する必要があります。適切な学習データの収集や前処理、モデルの選定やチューニングなど、専門知識や技術が必要となる場合があります。また、AIはあくまでツールであり、適切な設計や運用が必要です。適切な管理や監視を行わないと、誤った学習や認識結果が生じる可能性があります。

まとめ

今回はOCR技術とその活用について紹介しました。OCRは光学文字認識技術であり、画像や文書から文字を自動的に認識し、テキストデータとして抽出します。その仕組みや処理手順、そしてOCRが注目される背景について解説しました。

OCRの導入によるメリットとして、ペーパーレス化の推進や業務効率の改善、情報の検索性向上、データ活用の促進などが挙げられます。具体的な活用例としては、手書き帳票のデジタル化、製品名の読み取りを自動化、経理・会計業務の効率化などがあります。

また、OCR導入に際してはいくつかの注意点についても紹介しました。最近ではAIを導入したOCR(AI OCR)が注目されています。

OCRは業務におけるデジタル化に必要不可欠な技術です。注意点や活用方法を正しく理解し、業務効率化に応用することが重要です。

PhoxterのStellaControllerはOCR機能を搭載しており、AI OCRにも対応しています。OCRによる業務改善に興味のある方はぜひPhoxterへご相談ください。